特定医療費(指定難病)助成制度について

特定医療費(指定難病)助成制度について。

特定医療費(潰瘍性大腸炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、好酸球性消化管疾患等の指定難病)の更新の時期となりました。

受給者証をお持ちの方が有効期間終了後も継続して、
受給者証を利用されるためには、7月31日迄に更新手続きを行って下さい。

特定医療費(指定難病)助成制度の新規申請・更新申請方法について、神戸市のホームページ詳しく記載されていますのでご覧ください。

神戸市帯状疱疹ワクチンの接種料一部補助制度について

神戸市帯状疱疹ワクチンの接種料一部補助制度について

♦下記の両方に該当する方♦
接種日時点で神戸市に住民登録がある
満50歳以上の方
※兵庫県下の他の自治体で同様の補助制度を利用した方は対象外です。

♦対象ワクチン♦
生ワクチン(ビゲン)、もしくは不活化ワクチン(シングリックス筋注用・要2回接種)

♦対象期間♦
2024年4月1日から2025年3月31日まで

♦補助額♦
4000円(上限)
※ワクチンの種類に関わらず、補助できるのは、1人1回限りです。

♦持ち物♦
氏名・住所がわかる本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証、運転免許証など)

詳しくは当院までお問い合わせください

高齢者肺炎球菌予防接種について

高齢者肺炎球菌予防接種について

下記①及び②のいずれにも該当する方で、③または④に該当する方

①接種日時点で神戸市に住民登録がある
②初めて23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種する

③65歳の方
④接種日時点で満60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級を有する方および1級相当の障害を有する方)

2024年度からは65歳の方のみが対象となります。
2023年度の対象で紺色の接種券ハガキをお持ちの65歳の方も、2024年4月からは65歳の方が対象となることから66歳の誕生日の前日までは対象となります。

接種期間  65歳の誕生日の前日~66歳の誕生日の前日

接種回数  1回(初回のみ)
接種料金  自己負自担4,000円(費用補助を適用後の料金)

以下①~④いずれかの方は無料(接種費用を全額市が補助)
①生活保護世帯
②市民税非課税世帯
③神戸市発行の「公害医療手帳」をお持ちの方
④中国残留邦人等支援給付制度受給者の方

※65歳の誕生日の前月末に接種券ハガキを送付されます

※定期接種の対象者以外の方が接種を受けられる場合は任意接種となり、接種費用は全額自己負担となります。

接種の際に持参するもの

  • 神戸市よりお送りされた接種券ハガキ(65歳の誕生日の前月末に送付、オレンジ色)
  • 住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証等)

※2023年度対象者で65歳の方は紺色の接種券ハガキをお持ちください。
※無料対象となる方は無料対象となる場合の証明書類をご確認ください。

ご不明な点は当院までお問合せください

新年度になりました

4月になり健康診断を受けられる方が増えてまいりました。

健診後に受診を勧められた方は結果をご持参のうえ当院へお越しください。

当院で行っている検査は
胃カメラ・大腸カメラ(いずれも鎮静剤使用)
超音波(腹部、頸動脈、甲状腺、心臓、乳腺)※いずれも女性の技師が行います※
胸腹部レントゲン、心電図、ホルター心電図、肺機能検査、採血、尿検査です。

また当院でも健康診断、特定健診(社保、国保、後期)、肺がん検診、
胃カメラによる神戸市胃がん検診なども行っております。

ご不明な際はお電話でお問い合わせください。

ゴールデンウィークのお休みについて

ゴールデンウィークのお休みについて。

当院のゴールデンウィーク期間のお休みは
4月28日(日)~29(月)・5月3日(金)~6日(月)
になります。

4月27日(土)・4月30日(火)・5月1日(水)・5月2日(木)は
通常診療行っております。

大変ご迷惑をおかけしますが、
よろしくお願いいたします

休診のお知らせ

休診のお知らせです。

4月13日(土)は院長学会出張の為、
休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

肝炎受給者証について

明けましておめでとうございます🌄

本年度もよろしくお願いいたします🎍

肝炎受給者証について。

肝炎受給者証の更新が必要な患者様が増えてきました。

受給者証をお持ちの方は期限をご確認ください。

なお、医師の意見書に代わり、

☆B型肝炎ウイルスマーカーや血液検査等がわかる資料

☆受けている治療内容がわかる資料

(お薬手帳の写し、薬剤情報提供書の写し等)

があれば更新できます。